ワウネタ海外生活
トップアジアベトナム
空港行きバスで中心地を目指そう【ベトナム】

ホーチミンの移動はタクシーを利用する人が多いです。日本よりも料金が安いので、ついつい利用しますが、一人旅の方やバックパッカーでの旅行の方は、できれば交通費安く抑えたいのではないでしょうか?

そこで、今回は実際に空港バスを利用してみたいと思います。



空港とホーチミン中心地までを結ぶバスはいくつかあります。まずは49番に乗ってみます。マイクロバスなので、それほど人数は乗れませんがスーツケースが置けるよう通路は広々しています。また車内は無料のwifiがあるので、とても便利です。この49番は「五ツ星バス」と呼ばれ、公共のバス停留所ではなく、オペラハウスや主要ホテルなどに停車します。

料金は40000ドン(約200円)。ローカルバスの5倍なので完全に観光客用のバスです。5:15から26:00まで30分間隔で運行しています。




もうひとつご紹介するのが109番です。こちらも49番同様の黄色い車体でShuttle Busと描かれています。こちらは通常のバスですが、やはりスーツケースなどを置くスペースが確保されています。

5:30から26:30まで30分間隔で運行しています。49番と同じようなバスルートですが、ホテルなどには停まらず、公共のバス停に停まります。料金は20000ドン(約100円)です。宿泊ホテルまで少し歩くかもしれませんが、とにかく料金が安いのでお得です。




どちらのバスも空港のバス停にチケットブースがあります。行き先を伝えればチケットの料金とバスの番号を教えてくれます。空港から約30分ほどで中心地まで行くことができます。タクシーと違い、ぼったくりの心配がありません。ぜひ空港バスを利用してみてください。

2017/04/06 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

空港行きバスで中心地を目指そう【ベトナム】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ベトナムナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.