ワウネタ海外生活
トップヨーロッパオランダ
オランダを旅する〜アムステルダム国立美術館【オランダ】

首都アムステルダムを訪れた旅行客が必ず足を運ぶのが、アムステルダム国立美術館(Rijks museum)です。レンブラントやフェルメールなど日本でも人気の中世画家の傑作を多くし所蔵する世界屈指の美術館です。2階の名誉の間に下に述べるような名画が集結しており、終日たくさんの人でにぎわっています。

ここからは、見どころをお伝えします。まず、レンブラント・ファン・レインは集団肖像画家として傑作を多数残しています。その中でも最高傑作として世界三大名に選ばれているのが、部屋一面を飾る巨大な絵画「夜警」です。



日本でもファンが多いヨハネス・フェルメールは、日常を柔らかいタッチで切り取った絵画が大人気です。この美術館では、「手紙をよむ女」、「牛乳を注ぐ女」など名画が所蔵されていますが、日本を含む世界各国でフェルメール展が開催されており、見たい絵画が展示されていないこともしばしばあります。

フェルメールをじっくり楽しみたい方は、日本のフェルメール展がおすすめです。アムステルダム国立美術館では同作者の作品が各部屋に散りばめられて展示されていることが多々ありますが、日本の展示は時系列に絵画が並べられ、丁寧な解説があり充実していました。混雑していることや、写真が撮れない点、殺風景な展示場が味気ない点がデメリットでしょうか。




オランダの美術館は、美術館自体が芸術作品なので、絵画がいっそう引き立ちます。

2017/09/12 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

オランダを旅する〜アムステルダム国立美術館【オランダ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オランダナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.