ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
フロントヤードに問題があれば警察がやってくる!?【アメリカ】

アメリカの一軒家には、基本的にはフロントヤードとバックヤードがあります。玄関の前には芝生やお花などがきれいに飾られており、バックヤードには、アメリカらしく、バーベキューセットやプールがある家庭も多いですし、芝生やコンクリートになっている家もあります。基本的に、バックヤードは好きなようにすることができます。

問題はフロントヤードです。

このフロントヤードというのは、当然、道路に面していますから、人目につきます。アメリカは、景観にこだわる国ですから、このフロントヤードの状態があまりにもひどい場合、例えば、本当は芝生があるのに芝生をとって土だけにしてしまったとか、ゴミがあると、警察から警告がきます。

定期的に警察が近所をチェックしているので、常にきれいにしておかなければいけません。もし、警告後にフロントヤードをきれいにしなければ、裁判所に行く、もしくは、翌年からの税金(固定資産税や景観のための税金)がアップする可能性があるので気を付けなければならないのです。

2018/02/12 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

フロントヤードに問題があれば警察がやってくる!?【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.