ワウネタ海外生活
トップヨーロッパスペイン
スペインの抹茶、緑茶ブームについて【スペイン】

海外で和食が健康的でおいしい食事としてブームになっている事をご存知でしょうか。
バルセロナでも何年も前から和食がブームになって、日本人料理人だけでなく日本人以外でも和食を作って提供するお店が増えて来ています。
そんな中、スーパーなどでは緑茶や抹茶飲料が販売される様になってきました。


以前は、350mlのペットボトルの緑茶だけだったのですが、最近は需要が増えたのか1.5Lのペットボトルも販売されています。
1.5Lの砂糖入り緑茶で67セント(90円)ととてもお買い得です。
ただ、こちらのペットボトルの緑茶は砂糖が入っています。
これは想像するだけでも日本人の口に合うとは思えないと感じると思いますが、正直なところ、緑に着色した砂糖水の様な感じなので、お勧めはできません。


その他、抹茶ラテなどもあり、こちらの方が日本人には口にしやすいと思います。
料金は88セント(120円)で、冷蔵コーナーで冷たい状態で販売されています。
スペインでは通常、常温保存できる飲み物が冷えた状態で販売される事はほとんどないので、探すのにちょっと苦労するかもしれません。
この抹茶ラテの裏の説明書きにはカフェインが含まれているため「妊娠中や授乳中の女性が飲むのはお勧めしません」のコメントがあります。
この様な表現は海外らしくて面白い所ではないでしょうか。




2018/03/18 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

スペインの抹茶、緑茶ブームについて【スペイン】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -スペインナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.