ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
意外と寒くない!バンクーバーの冬と暖房事情 【カナダ・バンクーバー】

バンクーバーは北緯49度に位置し、東京はもちろん北海道よりもその緯度は高いです。冬はさぞ寒いのでは…と思われがちですが、広いカナダ国内でも随一の住みやすさを誇るバンクーバー。そのイメージほど寒くないのが特徴です。
2017年は3月に入っても雪が降るという記録的な寒さを更新しましたが、2018年はローカルに聞いてみると例年並みの寒さとのことです。

具体的にバンクーバーと東京の一月の気温(最高/最低)を比べてみると、バンクーバー7℃/2℃、東京10℃/2℃とあまり変わらないのがわかるかと思います。昼夜の気温差が小さいことと、風があまり吹かないことから、体感的にはバンクーバーの方が暖かいくらいです。

室内に関しては二重窓になっていたりと断熱がしっかりしており、またセントラルヒーティングを採用しているので、日本のように部屋は暖かいけど廊下や洗面所は極端に寒いということもありません。(家によって差はありますが。)

ウィンタースポーツが盛んなので寒いイメージがあるカナダですが、バンクーバーはそれほど寒くないということおわかりいただけたでしょうか。室内ではむしろ汗ばむこともあるくらいなので、冬は温度調節のできる服装がおすすめです。

2018/03/13 18:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

意外と寒くない!バンクーバーの冬と暖房事情 【カナダ・バンクーバー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.