ワウネタ海外生活
トップアジアタイ
誰のもの?電柱コンセント【タイ】

サタデーマーケットは、チェンマイでは土曜の夜にある、恒例の催しです。
非常ににぎやかで、歩きにくいほど人であふれます。
通りの両脇には、たくさんの屋台がならんでいました。
雑貨やみやげもの、服やお菓子などが売られています。
地元のマーケットというより、ツーリストのためのマーケットといった感じでした。


 地面をよくみると、黒い配線がいくつか走っています。
バッテリーにつながっているのかと思ったら、なんと電柱につながっていました。
タイでは、電柱にコンセントのついているものがあります。
フタがついてるのもありますが、カギはかかってませんでした。


 これは、だれでも使っていいのでしょうか?屋台の人だけなのでしょうか?タダなのでしょうか?
 とりあえず、スマートフォンの充電ができるか試みました。
ある屋台のうしろの電柱に行きます。
コンセントプラグに差しこむと、充電されました!成功です。
 屋台の人は、充電の様子をみても、気にしない様子。
いろいろ聞きたくて話しかけましたが、英語が通じませんでした・・・。
残念ながらくわしくは分かりませんでしたが、とにかくめずらしい電柱でした。


2018/04/27 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

誰のもの?電柱コンセント【タイ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -タイナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.