ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
土地が広いと郵便事情も違う?!【アメリカ・カリフォルニア】

アメリカは広大な土地を抱えています。ここロサンゼルスも、ロサンゼルスとひとくくりに言いますが、その中でまずはいくつかの群(カウンティ)に分けられ、更にこまかく都市(町)に分かれています。その数は軽く100を超えます。

そして、1つの町にはいくつもの家が存在しますが、この家と家の間が郊外に行けば行くほど当然土地の広い家が増えるので、間隔が広くなります。そんなこともあって、日本では必ず一軒家であれば各家庭の門の前などにポストがおかれていて、そこに郵便物が配達されます。

しかし、ロサンゼルスの郊外では、まるでアパートやマンションのように1つの場所にそのコミュニティに住む家庭のポストをまとめています。こうすることで、郵便物を1軒1軒局員さんが配達せずに済むのです。

配達も日本のように自転車やバイクでは追いつかない範囲となるので、車です。その車から乗り降りする回数もこれで減るという、局員さんの配達効率を考えた策なのです。


2018/07/10 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

土地が広いと郵便事情も違う?!【アメリカ・カリフォルニア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.