ワウネタ海外生活
トップアジアインドネシア
バリ島のローカル菓子の変化!その気になるお味は?【インドネシア・バリ島】

米粉やココナッツ、バナナやパンダンの葉から作られる、昔懐かしいお味のインドネシアのお菓子たち。
朝市に出かけると、必ず購入するのがこれらのローカル菓子です。
温かいジャスミンティーにも、ブラックコーヒーにもぴったりな優しいお味のお菓子は、ついつい食べ過ぎてしまうほど。

ところで、いつも筆者がお菓子を買うお店のおばあちゃんが、「いまの子供たちの味覚は昔とは違うから。」と、ちょっと悲しくなるようなお話をしてくれました。
確かに、手作りのローカル菓子よりも、スナック菓子やチョコレートのほうが、いまの子供たちにとっては美味しく感じるのかも知れません。


また、朝市でもカップケーキやマフィンもどきのお菓子を売りに来ている人もいます。
街中には、ローカルのパン屋兼ケーキ屋もいたるところにあります。
十年前よりも、外国のものや、洋風のものにも、庶民の手が届きやすくなりました。
ローカルの値段でも、それなりのお味のパンもありますし、ロールケーキだって、美味しいと思うものもがあります。

しかし、インドネシア人向けのケーキは、なぜか着色料てんこ盛り状態のものが多い、というのがいまのところの正直な感想です。
味は、あっさりしていて悪くはないのですが、なにぶん色味が超カラフル。某パン屋で売っている、虹色ケーキが筆者は大好きなのですが、いつも虹色ケーキを食べながら、着色料の有害さについて思いを馳せている次第です。


2016/03/28 17:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バリ島のローカル菓子の変化!その気になるお味は?【インドネシア・バリ島】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドネシアナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.