ワウネタ海外生活
トップアジアインドネシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • スペイン基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
見た目に騙されるな?!日本人経営を装ったカフェにご注意!【インドネシア・バリ島】

日本人を含め、外国人が経営しているカフェやレストランがたくさんあるバリ島。ですが、中には、「なんちゃって」外国風を装ったカフェなどもあるため、注意が必要です。

間違って、「なんちゃって」外国風のお店に入ると、期待して入店しただけにがっかり度も高く、「こんなはずじゃなかったのに。」ということが多々あります。



その一例が、最近新しくできたカフェ。ひらがなとカタカナで表記されたお店の看板には、カレーとケーキのお店としっかり書かれています。バリ島にいると、ココナッツとウコンで作ったカレーは食べることができますが、日本のようなカレールーを使ったカレーには、とんとお目に掛かることができません。

そのため、日本語で書かれた「カレー」の文字に、「日本のカレーが食べられる!」と勘違いしてしまう方もおられるでしょう。




その一人である筆者も、喜び勇んで入店したものの、メニューを見てがっかり。
カレーはカレーでも、なぜかタイカレーのオンパレード。しかもライスじゃなくてなぜか食パンしか提供されないとくれば、意気消沈してしまうのも当然でしょう。

せっかくだからとアイスの盛り合わせを頼んだものの、これまたサイズの大きさに驚かされることになってしまいました。




ここまで二転三転して期待を裏切ってくれるお店も珍しいですが、やっぱり日本人経営じゃないと、本当に日本らしいお店を作るのは難しいものなんだ、ということを感じさせてくれた体験でした。


2016/04/19 15:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

見た目に騙されるな?!日本人経営を装ったカフェにご注意!【インドネシア・バリ島】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドネシアナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.