ワウネタ海外生活
トップアジア中国
新しくなった「熊猫基地」【中国】

成都の中は、どんどんと開発が進んでいます。このたび、「熊猫基地」(ションマオジーディー)が新しくなりました。入口やお土産店を含む回想工事が終わり、新しくなった「熊猫基地」の入り口は、とってもかわいく仕上がっています。

「熊猫」つまり、パンダですが、このパンダを見るために、貸切バスをチャーターしてやってくる方が後を絶ちません。それもそのはず、市内でパンダを多く飼育している場所は、この場所だけになるのですから。



入場料も改装に伴ってどんどん値上げしています。大人であれば58元(約900円)。基地の中は、山坂になっているので、スニーカーなど歩きやすい靴がベストです。また、基地の中での飲食は高額ですし、大したものがないので、入園前にコンビニなどで購入しておくことをおすすめします。

ちなみに、基地の周りにはコンビニはありません。ホテルを出発する際に購入しておきましょう。もちろん、お水などの飲料もです。

夏の時期には、日差しが強く、日陰も少ないので、日傘は必須です。冬の時期は、しっかりと防寒対策をしてからお出かけしましょう。

2016/08/03 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

新しくなった「熊猫基地」【中国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.