ワウネタ海外生活
トップアジア中国
マクドナルド中国限定の丼メニューを食べてみた【中国】

マクドナルドは国によってメニューが異なるといわれていますが、中国ならでわの限定メニューとして丼メニューを挙げることができます。

中国ではハンバーグやパンを食事として食べるという文化が根付いていない分、どうしても人気が伸び悩むマクドナルドの苦肉の策だといわれています。

丼メニューとしては鸡排满碗饭(ジーパイマンワンファン)といわれるチキンカツ丼と、蜜汁鸡腿满碗饭(ミージージートイマンワンファン)照り焼き風味チキン丼の2種類になります。

鸡排满碗饭ですが、上にはややスパイシーなソースがかけれられており、かなり辛い味付けになっているのが特徴的です。蜜汁鸡腿满碗饭は照り焼き風味で、日本人には馴染みやすい醤油で甘辛い味付けになっています。

残念ながらご飯自体の食感や味がそれほど良くないのですが、ちょっと変わったメニューを試したい場合にはオススメです。単品では350円前後とリーズナブルなのですが量が若干少ないので、ほかのサイドメニューなどと一緒に食べると丁度良いかもしれません。


2016/10/29 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

マクドナルド中国限定の丼メニューを食べてみた【中国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.