ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
いながきの駄菓子屋探訪31宮城県塩竈市「勝商店」一世を風靡した、意外なものを売る駄菓子屋

昭和後期の個人商店といった趣

宮城県塩竈市の高台にある住宅街。たまたま話し込んだ小学生のグループに「この近所に駄菓子屋ってある?」と尋ねたところ、行きつけだというお店へ案内してくれました。そこへの道のりは、自転車では登れなさそうな長い急坂。子どもたちは、勾配のない道で勢いをつけてから斜面にアタックしていきます。みんな途中で力尽き、自転車を降りて歩き出していましたが、この一連の流れが地域の日常風景なのでしょうか。自然と脚力が鍛えられそうです。

案内してもらったお店は、昭和後期の個人商店といった趣の外観。店内は中央の棚が低いので見通しが良く、広く感じます。入り口を背にすると右側が駄菓子、左側がその他の食料品と飲料の売り場なのですが、飲み物を選んでいてふと後ろを向くと、衝撃的なものが陳列されていました。

駄菓子屋で売っていたものとは・・・?

ウーパールーパーです。それも大量に。おもちゃではなくすべて本物で、1ケースに1匹、愛嬌を振りまきつつ収まっています。よく見れば、お酒売り場の下にもウーパールーパーがいる棚があり、店外にはウーパールーパーを販売している旨の張り紙が。子どもたちに案内されるままに入店したので、それにまったく気が付かず、これまでの駄菓子屋探訪の中でも最大級の衝撃を受けました!!

勝商店はお酒やタバコも取り扱う食料品店で、昭和35年(1960年)ごろに創業したそうです。現在は代替わりし、この日応対してくださったのは、創業者の孫である勝真一さん。商店部門は基本的には真一さんのお母さんが担当し、真一さんはウーパールーパーを含む淡水魚の養殖・販売をしながら、商店部門のサポートもしているとのこと。

「地域社会にどう寄与できるか」

「時代とともに客層が変わったので、それに合わせてお店に置くものも変わっていきました。昔は近くの高校に購買部がなかったんですよ。なので、そのときは高校生に必要な物をそろえていました。購買部ができてからは近所に住んでいる人たちの来店が増えたので、それに合わせ、小学生が多くなってきてからは駄菓子の取り扱いが増えました。ウーパールーパーは客層に合わせたんじゃなくて、置いとく場所がなかったから並べただけなんだけど、まさかそこが面白がられるとは(笑)。今は周辺はお年寄りが多くなったし、駄菓子も問屋が減ってしまって、商売としていろいろ検討しなくちゃいけない部分がまた出てきている。これからも『地域社会にどう寄与できるか』を考えながら店を続けていきます」

「ウーパールーパーを売っている駄菓子屋」。あまりのインパクトの強さに、過去には珍スポットを紹介する全国放送のテレビ番組でも取り上げられたとのこと。それ以来イロモノ的に見られてしまって困ることもあるそうなのですが、地域のために真面目にご商売をされているというのが、お話を伺っての印象です。近くには幼稚園、小学校、高校がある勝商店。ここでは、子どもたちの淡水魚への好奇心も育まれているかもしれません。

勝商店

住所:宮城県塩竈市泉ケ岡3-13

電話:022-365-2620

営業時間:7:00~20:00

定休日:不定休

勝商店の淡水魚販売部門「東北淡水魚」

https://touhokutansuigyo.jimdofree.com/

[All photos by Atsushi Miyanaga]




2021/02/05 12:33  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

いながきの駄菓子屋探訪31宮城県塩竈市「勝商店」一世を風靡した、意外なものを売る駄菓子屋 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.