ワウネタ海外生活
トップアンコール
タ・ソム遺跡はアンコール遺跡の一つで、ジャヤヴァルマン7世によって12世紀末に作られた仏教寺院です。
ニャック・ポアンは、アンコール遺跡の一つで、”絡み合う蛇”と言う意味です。
プリヤ・カンは、アンコール遺跡の一つで、12世紀後半、ジャヤヴァルマン7世によって建立されたバイヨン様式の仏教寺院です。
スラ・スランは、カンボジアにあるアンコール遺跡のひとつで、「沐浴の池」を意味する人工の貯水池です。
クバール・スピアンのあるプノン・クーレン(”ライチの山”の意)は、その名の通りライチの木が多いことから、その名が付けられています。

アンコール | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.