ワウネタ海外生活
トップ交通
アメリカ生活をしていて欠かすことができない存在になってきているのがUberです。
ドバイあるあるの1つにタクシーに乗ったけれど運転手が道を全く知らなかったということがあります。
マチュピチュに行くためにクスコに着いたら、そこからの交通手段を手配する必要があります。
アビアンカ航空と聞いてコロンビアの航空会社と答えることができる人は、かなりの飛行機マニアか、中南米で生活をしたことがある人です。
セントマーチンは、地図上で見ると非常に小さな島ですが、それでも1周しようと思うと50km程度あるので、徒歩や自転車では移動しきることができません。
メキシコで一番の大空港であるメキシコシティ国際空港は、日本から来る赴任者が一番に着く所でもあります。
メキシコシティで生活していると、出張や観光でいろいろな場所に行きます。
メキシコリゾート地カンクンでは、他の地域とは少し異なるルールがいくつかあります。
北中南米に幅広いネットワークを持つコパエアラインのハブ空港が、パナマの中心地から車で30分のところにあるトキュメン国際空港です。
メキシコシティ内は交通渋滞が激しく、地上の交通手段ではなかなか移動時間が読めません。

交通 | ワウネタ海外生活

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.