ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
ゴミ収集車が家の前まで【アメリカ】

日本とくらべて格段に楽だなぁ、と思えるのが、アメリカでのゴミ捨て事情。
家庭で出るゴミの出し方も、日本とは大違い。
アパートやコンドミニアムなどの集合施設では、建物の裏などに、24時間いつでもゴミを出せるコンテナがあります。
大きなものや、家具などでも、そのコンテナーに入りさえすれば、何を捨てても大丈夫。
もちろん、基本、分別作業などはなし。
日本では、ペットボトルを本体とキャップとプラスティックフィルムに分けて捨てる、などど教えようものなら、びっくりされること間違いなしです。

対する一軒家のゴミ出し事情は、というと、まず、それぞれの家庭へ、市や町から、大人がすっぽり入るくらいの大きなゴミ箱が支給されます。
これには片側に車がついていて斜めに傾けるとゴロゴロ転がして動かすことが出来るのです。
通常はガレージの中や裏庭など外からは余り目につかないところに置いておき、どんどん出てきたゴミを入れていきます。
収集日の前日、家の前の道路へゴロゴロ引いて置いておけば、翌日に、ゴミ収集トラックが回収にやってきます。
トラックについている大きなアームでゴミ箱をつかんで、中身を空けた後、器用に元の場所へ。
ちょっと下手な人にあたってしまうと、この時にゴミ箱が倒れて戻ってしまいます。
景観を気にするアメリカでは、空っぽになったゴミ箱をいつまでも家の外に放置していると、注意書きのメモが届く場合がありますので、できるだけ早く、家の前からは動かしておきましょう。


2017/05/19 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

ゴミ収集車が家の前まで【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.