ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
バンクーバーは外でお酒が飲めない!?【カナダ・バンクーバー】

日本に行ったことのあるカナダ人は「外で酒が飲めるなんて最高だよね」と口をそろえて言います。祭りの屋台でビールを買ったり、チューハイ片手に花火を見たり…というような、日本の夏の風物詩はバンクーバーでは夢のような話。なぜなら、外でアルコールを飲むことは法律で禁止されているからです。

カナダは日本に比べて、アルコールの購入に対する規制が厳しい国です。まずバンクーバーでお酒を買おうとすると、リカーストアに行く必要があります。日本のようにコンビニやスーパーで気軽に買うことができません。(スーパーで手に入るのはノンアルコールか料理用のみ。)購入の際は年齢確認必須で、パスポート、運転免許証、名前が印字されたクレジットカードなどのうち二点の提示が要求されます。また、付き添いでレジに並んでいるだけでもIDを要求されます。

一方、飲酒運転については日本よりゆるい傾向があります。日本では絶対的に禁止されている飲酒運転ですが、カナダではアルコール濃度の規制がゆるいので多少許容されています。飲酒運転より外での飲酒が危険視されるカナダ、日本人としては不思議な感覚ですね。

2018/04/02 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バンクーバーは外でお酒が飲めない!?【カナダ・バンクーバー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.