ワウネタ海外生活
トップアジアインドネシア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
インドネシアならではの仕事・パーキル(駐車場係)【インドネシア】

インドネシアのたいていの店の前には、パーキルと呼ばれる駐車場係がいます。
店に出入りをする車やバイクを誘導するのが仕事で、車なら2,000ルピア(約20円)、バイクで1,000ルピア(約10円)のチップをもらっています。
駐車場係と言ってもお店が雇っている訳ではなく、ほとんどが勝手にやって来てお小遣い稼ぎをしているようです。


どこに行ってもこのパーキルがいるため、買い物や用事で車やバイクを止めるたびにチップを支払わないといけないため、この出費もばかにならないものなのです。
私のように女性でバイクに乗っている者からすれば、重いバイクを動かすのは一苦労なため、彼らの存在が助かることもあります。
帰り際にバイクを狭い駐車スペースから取り出してくれたり、日影がなくカンカン照りの駐車場ではシートが熱くならないように、段ボールをシートの上に置いて日よけにしてくれたり。
そして帰り際に「気を付けてね!」と一言添えてくれる、親切なパーキルも中にはいます。
そんな時はこちらも気分が良く、気持ちよくチップを支払えます。

ただ困ってしまうのが、何もせず帰り際に近寄って来てチップを催促してくるパーキル。
正直ムッとして、チップを払いたくないと思ってしまいます。
インドネシアならではの仕事、パーキル。
「チップを要求するならちゃんと仕事をして!」と心の中で文句を言っているのは、私だけではないはずです。




2016/12/12 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

インドネシアならではの仕事・パーキル(駐車場係)【インドネシア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -インドネシアナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.