ワウネタ海外生活
トップホラー
【ホラー】本当は怖い 童歌『かごめかごめ』の謎とは?

古くから伝わるわらべうた『かごめかごめ』
皆さんはこの唄の本当の意味、ご存じですか?

■千葉県で発祥し、全国に広まった『かごめかごめ』

『かごめかごめ』は全国で伝えられるこどもの遊びのひとつであり、その際に歌われる童歌のタイトルです。

遊戯としての『かごめかごめ』は、鬼役の子が目隠しをして中央に座り、他の子は手をつないで鬼を囲み、歌いながら周りを回ります。歌い終わった時、鬼は自分の背後にいる子の名前を当てることができれば、鬼役が交代になります。

童歌の歌詞は地方によって違いがありますが、だいたいこのように歌われます。

かごめかごめ 籠の中の鳥は
いついつ出やる 夜明けの晩に
鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?

この歌は昭和初期に作曲家の山中直治が千葉県野田市に伝承されていたものを紹介し、全国に広まったと言われています。

■『かごめかごめ』の歌詞の意味は?

『かごめかごめ』の元歌は江戸時代には全国にあったとされていますが、その歌詞の意味は謎とされています。多くの俗説がありますが、その中でも興味深い説を紹介しましょう。

・陰謀説:「かごめ」は漢字で「籠女」と書き、妊婦を意味しています。これはお家騒動で世継ぎ候補となる子どもを宿した女性が出産間近のある日の夜明け、階段から蹴落とされ(すべって)流産してしまったという、母親の恨みを伝えるために作られた歌とする説です。

・豊国廟説:「うしろの正面」の正面とは、京都にある豊国神社のことであるとする説。
豊臣家滅亡後、徳川家は徳川家康を神格化するにあたり、先に豊国神社に祀られていた豊臣秀吉を邪魔者と考え、神社を打ち壊し秀吉の死体を掘り返して庶民と同じ屈葬で埋め直したという事件が起こりました。『かごめかごめ』はその事実を伝えるための歌であるとされています。

・囚人説:「かごめ」は囚人の護送に用いられた遠丸籠を、「うしろの正面」とは、罪人の首をはねる為にその背後に立つ首切り役人のこととされています。また、切り落とされた首が背後を睨み『私の首をはねたのは誰だ』と問う様子という説も存在します。

・降霊術・呪術説:「かごの中の鳥」とは霊を意味し、囲んだ円の中に霊を降ろす降霊術が元となった説、あるいは真ん中の子どもを依代(よりしろ)として神を宿らせる呪術であったという説もあります。

謎に満ちた『かごめかごめ』。
果たして、その本当に意味するところは、一体何なのでしょうか?






2015/09/11 19:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

【ホラー】本当は怖い 童歌『かごめかごめ』の謎とは? | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ホラー-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.