ワウネタ海外生活
トップヨーロッパポーランド
日本とは全然違うポーランドの暖房システム【ポーランド】

ポーランドの冬は長く寒いです。緯度は北海道よりも高い位置になります。
平均気温は、マイナスが普通で雪も降ります。
寒いポーランドでは、日本同様に暖房は冬を過ごすのに必須のアイテムです。
ただ、日本の暖房とはかなりシステムが異なるのです。

当然、ポーランドの家や住む場所によって異なりますが、一般的な家庭の暖房について紹介します。


ポーランドでは、自分で暖房を付けたり切ったりすることができません。
というのは、ある時期・気温になったら、マンションの暖房が自動的に付くというシステムなのです。
したがって、秋くらいのあまり寒くない時期に暖房をつけようとしても、基本的には作動しません。
暖房が作動する条件になれば、電源のオフ、強度は設定できます。

日本では、付けようと思えば夏でも暖房を使えますよね。
ポーランドでは、基本的にできません。
でも、そもそも夏に暖房は必要ありませんよね?
ポーランドの暖房システムは、使いすぎを防ぐことができ環境にも優しいですね。




2017/03/06 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

日本とは全然違うポーランドの暖房システム【ポーランド】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ポーランドナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.