ワウネタ海外生活
トップ知る
トクホの他にもいろいろある、健康のための食品群の解説
図1、トクホのマーク

サプリメントや健康食品などが、たくさんある中で迷ってしまいがちです。
一体どんなものがあって、どれが本当に体に良いのでしょうか?

国が表示を認める必要があるのは以下の3つです。
1と2は厳しい国の基準をクリアする必要がありますが、3は国の審査は不要なので認可マークなどは有りません。

1.特定保健用食品(いわゆるトクホ)
図1のマークはよく見かけるかと思います。
このマークを付けられるのはきちんとデータをとって、国の審査基準をクリアした「病気・症状を予防する効果を認められた」食品にしかつけられません。

2.特別用途食品

図2、特定用途食品マーク

図2のマークの付いた食品は赤ちゃんのミルクなどに付けることが可能です。その他病人食や、飲み込む力の衰えた方向けの介護食などに付けられています。

3.栄養機能食品
栄養成分などを表示して「目に良い成分が含まれている」「代謝を促進する成分が含まれている」などの表現を使うことは許されますが、「病気を治す」などと書くことは許されていません。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/pamph_healthfood_d.pdf
http://www.caa.go.jp/foods/index4.html#m01

消費者としてややこしいのは、上記のように認定される食品でないものが何種類も「健康食品」として店頭に並んでいる点です。以下の食品は表示に関して国の管轄外なので、そのメーカーを信頼して利用することになります。


a.機能性食品
食品の体調調節作用(体の構成物質や、熱量(体温維持)にはならないが、血糖や血圧などの調節等に役立つ作用)を持つ機能を謳った食品であるが、機能性を発揮するための食品の量が検証されていないままの場合がほとんど。

例えばマウスの実験だけで「マウスの場合、血圧が低くなる」ことが分かっていても、人間に換算した場合の実際の効果については検証されていないケースがこの食品に当てはまります。(検証されて国の基準を満たしていると上記1のトクホとなる)

b.栄養補助食品
栄養成分を補給し、または明確に健康に有効なもののうち、形状が錠剤、カプセル等通常の食品の形態でないものと一応、定義されていたが現在は国の制度上定義しているものではない。

c.健康補助食品
財団法人日本健康・栄養食品協会が提唱している、栄養成分を補給したり、保健の用途に適するもの。健康の保持・増進及び健康管理の目的のために摂取される食品。

参考URL:公益財団法人日本健康・栄養食品協会 http://www.jhnfa.org/

d.栄養強化食品
平成8年以前に健常人向けに「(栄養を)補給できる旨の表示」をすることが許可されていた食品。平成8年以降に廃止された。

e.栄養調整食品
特に国が制度化しているものではなく、規制はない。食品衛生法の表示基準、薬事方、景品表示法等に違反していなければ表示可能だが、どのような食品が該当するかについて、当局は関知しない。

f.サプリメント
いわゆる健康食品のうち、錠剤やカプセル状のものが該当するが、スナック菓子や飲料までサプリメントと呼ばれることもある。ビタミンやミネラル等が栄養機能食品の規格基準を満たしていいるものは、栄養機能食品と表示されている。

g.無承認無許可医薬品
いわゆる「健康食品」として販売されているものの中で「違法に」医薬品成分を含有していたり、医薬品のような病気の治療・治癒を謳った製品であることが行政のチェックで判明したもの。

※「病気が治る」という表示は医薬品としての認可が必要です。




2015/04/24 09:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

トクホの他にもいろいろある、健康のための食品群の解説 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -知る-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.