ワウネタ海外生活
トップアジアカンボジア
赤ちゃんをハンモックに入れて揺らしまくる!?【カンボジア】

カンボジアでは赤ちゃんをハンモックに入れて、結構強めに揺らし続けるという習慣があります。
日本ではあんまり揺らすと「揺さぶられっこ症候群」になってしまうと心配するものですが、そんなこと知らないのでしょう。
ブンブンと揺らしまくっています。
横乗せ、縦乗せいろいろです。
止まってしまわないように、長いひもを結んで遠くにいても揺らすことができるようにしています。


おばあちゃんや年上の兄弟たちが揺らす当番で止まってしまわないようにしている光景をよく見かけます。
最近では、電動ハンモックがあり、ずっと揺らし続けることができます。
そこまで揺らさなくてもいいんじゃないかな~と思いますが、それが原因で病気になった子もいなさそうですし、どっちがいいのか分からないですね。


また、産後のママは毛糸の帽子をかぶる習慣があるのも驚きでした。
こんなに暑い国で毛糸の帽子?冷えるわけないでしょ?日本のママは冬の出産でも頭を特別に温めたりしませんよ。
なんて突っ込みどころ満載です。
国が違えば、習慣もずいぶん違いますね。




2017/06/23 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

赤ちゃんをハンモックに入れて揺らしまくる!?【カンボジア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カンボジアナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.