ワウネタ海外生活
トップ知る
ダイエットにも良い、ローフードってどんなもの?

「ローフード」という言葉を耳にしたことはありますか?これは、アメリカが発祥と言われている食事の摂り方の一つで、英語ではRAW FOODと表記します。RAW=生の、FOOD=食事、つまり加工をされていない生の食材を用いた食品を頂く、ということです。

私たちがいつもいただいている和食の朝ごはんを例にとって見てみますと、炊いたホクホクのお米に、ダシの効いた暖かいお味噌汁、焼き魚、納豆、サラダ、お漬物などがイメージできると思いますが、この中でローフードと言えるのは生野菜を使ったサラダ一品のみです。

私たちが日々の健康を維持していくためには、体内に二つの酵素の働きが必要と言われています。一つは食べたものを分解して吸収するための消化酵素、もう一つは体内の余分なものを排出するための代謝酵素です。

ローフード=生の食品には、もともと消化されやすい酵素がたっぷり含まれています。そのため、身体は消化吸収にあまりエネルギーを使わなくて済みます。すると、余分なものを排出する代謝酵素が活発に活動することができるようになります。次第に身体に溜まっていた老廃物などが外に出やすくなり、腸内環境が整ってくるのです。

毒素排泄がすすみ腸内がキレイになっていくと、体質改善にもつながりますし、ダイエット、美肌効果も期待できますから、特に女性にとっては嬉しいことばかりですね。

ローフードを実践していくのは簡単です。いつもよりも多くの新鮮な野菜や果物を取り入れるようにすれば良いのです。朝食には必ずサラダをいただく、デザートに果物を取るようにするなど、少しだけ意識してみてください。また、ちょっとしたおやつにはローストしていないナッツや天日干しのドライフルーツなどがオススメ。非加熱でつくられていることが大前提です。

酵素はなるべく新鮮で、切りたて、作りたてであるほうがたくさん含まれています。作り置きはなるべく避けて、少し面倒でも食べる直前に作ると良いでしょう。

海外では美容のため、ダイエットのためにローフードを実践するセレブが増えているそうです。難しいカロリー計算はなし、新鮮なお野菜と果物をたっぷり美味しくいただいて、体調管理に役立ててみてください。






2015/10/14 18:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

ダイエットにも良い、ローフードってどんなもの? | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -知る-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.