ワウネタ海外生活
トップアジア中国
病みつき!! 夏に食べる「冷麺」【中国】

日本の冷麺といえば、夏にいただくさっぱり味のものが多いですが、ここ、四川省の冷麺は、たくさんの種類、たくさんの味があります。

主に食べられている冷麺は、ちゃんぽん麺のような独特の麺の上に、黒酢、中国醤油、香油、ごま油、そして家庭で作ったラー・ジャオを加え、トッピングに砕いたピーナッツ、キュウリ、トマト、ネギなどをのせ、混ぜ込んで食べるものですが、ちょっとしたレストランなどに足を向けると、その上に牛肉がのっていたりするものもあります。

気になる味ですが、辛いものが苦手な方であれば、全部を完食することは難しいでしょう。でも、辛いものが苦手な人も、なぜかもう一度食べたくなる味なのです。

四川省に遊びに来た日本人の多くは、最初は食べきれないものの、1週間ほど滞在している間に、幾度となく冷麺のお店に足を向け、最後には完食。そして、冷麺を食べるために「また来たい!」という方も少なくありません。

もちろん、暑い夏の時期だからこそ、食がすすむことも関係ありますが、四川省の一般家庭では春から秋にかけて、昼食に冷麺を食べています。




2018/07/02 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

病みつき!! 夏に食べる「冷麺」【中国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -中国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.