ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
カナダで出産2【カナダ】

夕方に病院に着き、すぐにまだ肺が出来上がっていない赤ちゃんの為にという理由でお尻にステロイド剤を打たれた後、促進剤を一日半点滴し、日付が変わった頃に産まれてきた我が子。

可愛い。と余韻に浸る暇もなく息子はNICU(新生児集中治療室)のチームに連れていかれ、私は寝ろと言われベッドへ。
既に午前2時過ぎだったのと、丸二日ほぼ寝ずに陣痛に唸っていたので速攻寝落ちしました。

同日、朝7時にお医者さんに起こされ、
「赤ちゃんはNICUにいるからね。赤ちゃんに会っておいで。帰っていいよ。お腹すいたなら食パンとピーナッツバターあるから食べてから帰ってもいいよ。」と。
お腹が空いていたのでしっかり食べてから我が子の所へ行って帰りましたが、それにしても思ってたよりも大分早かったです。
せめて8時間寝かせて欲しかった。

私の場合は子供が未熟児だったので産む事自体はだいぶ楽で体へのダメージも少なかったからだと思いますが、それにしても早い!
ケースバイケースだとは思うんですが、帝王切開でも大体二日の入院みたいです。

カナダ人ママさんにも退院早くない?と聞いてみたところ、
「病院に泊まりたいなんて思わないしご飯もまずいし一刻も早く帰りたいじゃない。」との事でした。
確かに日本の病院みたいに至れり尽くせりではないし、お祝い御前なんて出ずに自分で給湯室に行ってパサパサの食パン食べたし、早く帰りたい気持ちも分かるような。
でもしつこいようですが、あと数時間寝かせて欲しかったです(笑)




2018/08/03 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

カナダで出産2【カナダ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.