ワウネタ海外生活
トップ中南米パナマ
パナマ入国時の予防接種【パナマ】

海外に赴任が決まると、国によっては予防接種をしなければいけません。
パナマでは成人、子どもともに入国をする時に法律で決められた予防接種はありません。
しかし、赴任をするにあたり推奨されるものがいくつかあります。

 まず、A型、B型の両肝炎ワクチンです。
身近で感染しやすいものであり、食べ物から感染する可能性もあります。
学校によってはB型肝炎の予防接種をしている証明がないと入学させてもらえないケースもあるので注意をしましょう。
次に黄熱ワクチンです。熱帯のパナマは黄熱病の流行地になることもあり、注意が必要です。
一度発症をしてしまうと致死率が非常に高い狂犬病のワクチンも接種をしておくのが無難です。

 これらのワクチンは必須ではありませんがリスクを考えておくと日本で接種してくるのが安心です。
ワクチンによっては1回目と2回目があり、それぞれ期間を空けて摂取しなければいけません。
日本を出発する前からお医者さんに相談をして、予防接種の計画を立ててもらうと接種のし忘れがなくなります。




2018/08/13 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

パナマ入国時の予防接種【パナマ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -パナマナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.