ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
バンクーバー公立図書館では17ヶ国語の本が読めます。【カナダ・バンクーバー】

移民国家カナダの中でも多国籍な都市バンクーバー。公立図書館には日本語や中国語をはじめ、各国の本が取り揃えられています。図書館の入り口をくぐるとそこには「Welcome」を筆頭に17ヵ国語の「ようこそ」の文字が。一部見たことのない文字まであります。気になったので何語で書かれているのか調べてみました。

「Welcome(英語)」「觀迎(中国語)」「Bienvenue(フランス語)」「خوش آمدید(ウルドゥー語)」「ようこそ(日本語)」「Bienvenido(スペイン語)」「Bem-vindo(ポルトガル語)」「स्वागत(ヒンディー語)」「Willkommen(ドイツ語)」「Benvenuti(イタリア語)」「어서 오세요(韓国語)」「Witamy(ポーランド語)」「Tuloy po kayo(タガログ語)」「ਸੁਆਗਤ ਹੈ(パンジャブ語)」「Chào Mừng(ベトナム語)」「أهلا وسهلا(アラビア語)」「Добро пожаловать(ロシア語)」

パンジャブ語なんて初めて聞きましたが、インド・パキスタン周辺で使われている言語のようですね。アルファベットが使われている言語に対して、文字の区切りすらわからない言語は調べるのも大変でした…。

こうしてみると、ひらがな、カタカナ、漢字の3種類を覚えなければいけない日本語は外国語としてはかなりハードルが高い言語だということが身にしみました。



2018/09/14 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

バンクーバー公立図書館では17ヶ国語の本が読めます。【カナダ・バンクーバー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.