ワウネタ海外生活
トップアジア韓国
いたって普通の韓国の年越し【韓国】

年越しというと大掃除をして、飾りをしてと、忙しい日本ですが、韓国で生活をしていると12月31日から1月1日にかけては「数字が変わった」というぐらいの感覚です。
元々、旧正月を祝う韓国では、西暦の変化に対して特別な感情はありません。
そのため、お店も通常営業のところが多く、日本人の観光客も増えることから31日、1日と普通に営業するところが増えてきました。
一応、1日は休日扱いになっているため、特にこの日の都心部は混雑が激しくなる傾向があります。
年越しのイベントのようなものも行われますが、市長広場前や光化門で行われています。
ただ、韓国の夜はとても冷え込むので防寒対策は必須です。
また、日本の同じですが、韓国でも年末年始になるとスリや痴漢などの軽犯罪が増えてきます。
日本国大使館からもこの時期の生活には注意をするように呼びかけが行われているので、旅行者も含めて注意しましょう。(旧正月の混雑シーズンはもっとこのような軽犯罪が増えます。)




2019/01/04 11:02  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

いたって普通の韓国の年越し【韓国】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -韓国ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.