ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
雪に慣れないバンクーバーとトロントの人々の違い【カナダ・バンクーバー】

先週末から降り続く雪が止みません。積もる積もる。雨よりはマシと思いつつ、こう寒いと朝布団から出るのも大変です。セントラルヒーティングのカナダで寒いってよっぽどなのでは。

バンクーバーはレインクーバーと言われるほど雨が降る街なので、雨には慣れっこ。日本人的にはどしゃ降りレベルでも普通に傘なしで歩いているので(それも一人二人でなく結構)室内から外を見ると「雨降ってない?」と錯覚するほど。

そんなバンクーバー、裏を返せば雪には慣れていません。バスや電車は止まり、学校も休校になります。おそらく他の州と比べていろいろヤワです。中には雨では差さない傘を差す人も。トロント出身の友人が「トロントではみんな雪でも傘差さないから新鮮」と言っていました。

これは私の意見ですが、雪に濡れたくないというよりも視界が悪いからだと思います。粒が大きいので向かい風だと特に前が見えないっていう。それでも日本と比べると傘を差す人は少ないんですけどね。



2019/02/21 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

雪に慣れないバンクーバーとトロントの人々の違い【カナダ・バンクーバー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.