ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
恐怖!でも、多いのです【アメリカ】

何となく、アメリカ人や欧米の人はナッツのイメージが強いと思いませんか。そのイメージ通り、アメリカ人は、何にでもピーナッツバターをつけて食べたり、ナッツ類も豊富にスーパーなどで売られています。

しかし、このナッツに関するアレルギーを持っている子供たちがアメリカは非常に多いです。ナッツアレルギーは、食物アレルギーの中でも1番怖いとされており、蕎麦と同じくらい日本の親御さんたちも子供に与えるのには懸念しがちな食材ですよね。

アメリカではこのナッツアレルギーの子供が多いため(しかも、意外と食品に含まれています)、こういった子を持つ親御さんはひやひやです。

というのも、アメリカでは先述したようにピーナッツバター好きが多く、給食でもパンがよくでますから、サイドにピーナッツバターが出ます。ひどいナッツアレルギーの子は、その封を開けた瞬間にアレルギー反応を起こし、呼吸困難に陥るなど、これだけ販売されているナッツもこういった人たちにはハラハラ食品なのです。




2019/03/19 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

恐怖!でも、多いのです【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.