ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
チャンギ空港へのアクセスはどうする【シンガポール】

シンガポールの玄関口であるチャンギ国際空港は、シンガポールの玄関口らしく巨大な空港です。
このため、市内から空港へのアクセス手段もたくさんありますが、上手に選択しないと大きなロスをすることになります。

 アクセス手段は主に4種類でMRT、タクシー、エアポートシャトル、路線バスです。
MRTは時間が読みやすく価格も安いのですが、市の中心部に向かう場合には乗り換えが必要になります。
さらに5:30から23:30までが運行時間なので朝早い便に乗ろうと思うと運転をしていない可能性もあります。
列車ダイヤも10~15分間隔なので日本の地下鉄のようにすぐ来るというわけではありません。

 一方で、タクシーやエアポートシャトルは目的地まで直接行けるので便利ですが、交通渋滞の影響を受け、時間が読みにくいです。
路線バスも同様で、通常30分のところでラッシュ時間だと1時間以上かかることもあります。
そこで現地のスタッフは、時間帯によってアクセス方法を変えて空港に向かったり、空港から戻ってきたりしている人が多いです。




2019/04/13 12:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

チャンギ空港へのアクセスはどうする【シンガポール】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.