ワウネタ海外生活
トップ中南米メキシコ
サボテンはどう食べる【メキシコ】

メキシコと言えばサボテンというイメージを持っている人が多くいます。
実際メキシコではサボテンを食しますが、食べるのは「ウチワサボテン」と呼ばれている種類で、それも若い葉を食べます。

 食べ方は、サボテンの棘の部分をそぎ取り、表面の厚い皮も少し削ります。
スーパーや市場ではこの状態で販売されていることが多いです。

 食べ方は細かく切ってゆでて食べる方法が主流です。
メインというよりは付け合わせで利用されることが多く、ゆでたものをタコスで挟んで食べたり、付け合わせにしたりします。
お店によっては唐辛子と一緒に炒めることで、辛みを付けた付け合わせにしているところも多くあります。

 もう1つがスープで、スープの具材としてサボテンを入れて食べます。
味は、皮の部分がそぎ取ってあれば青臭さもなく、食感はアロエに近い感じで食べることができます。
赴任してくる人はメキシコではサボテンばかり食べているイメージで見られますが、実際にはそんなに食べることはない野菜です。




2019/04/25 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

サボテンはどう食べる【メキシコ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -メキシコナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.