ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
無料だけど無料じゃない?!【アメリカ】

これは普通のショッピングカートですが、ちょっと異なりますよね。そう、手前右側の部分です(大きさも重さも日本より大きくて重く、使いづらいですが)。

この部分に25セントコイン(クオーター)を入れることで使用が可能になります。「え、カートを使うのに有料なの?」と、思われるかもしれませんが、確かに使用時は「有料」です。しかし、これを返却する際にこのお金は返ってきます。



では、どうするかというと、カートがあった場所に持っていくと、たくさんのカートがそこにありますから、その中の1番手前にあるカートの右手前についているチェーンを、あなたが使ったカートのコインを入れた部分の裏側に差し込みます。

すると、クオーターが押し出されるので、返却ということになります。無料だけど無料じゃないといえるカートシステムです。




これはもちろん、盗難防止のためです。カートをホームレスが盗ることもあれば、重たい荷物を持ちたくなくてスーパーが近い人は家までそのカートを引いていく人もいるので、こういったシステムを取るスーパーはよく見かけます。




2019/04/20 08:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

無料だけど無料じゃない?!【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.