ワウネタ海外生活
トップ知る
暑い季節は要注意!食中毒を起こさないお弁当のコツ

初夏や夏など、暖かい季節になると、天気の良さにつられてお外でピクニックやアウトドアなど楽しみたくなりますね。そんな外の楽しみに欠かせないのがお弁当です。しかし、暖かい季節であれば腐りやすく、食中毒の危険性も高まってしまうもの。ここでは、熱い季節に気を付けたい、食中毒を防ぐお弁当のコツをご紹介します。

そもそも、お弁当で食中毒が起こる原因は?
細菌が繁殖しやすい温度になる
食中毒の原因になる菌には、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクターなどのものがあげられます。これらの菌は、37度程度が一番繁殖しやすい温度です。37度以下でも、10度から60度程度であれば繁殖しやすく、20度台後半でもたくさん繁殖してしまう場合があります。そのため、冬場のお弁当よりも梅雨や夏は注意が必要です。

湿度が高まる
細菌は、湿度の高い環境も好みます。繁殖しやすくなるので、水気が多い環境になる梅雨時は特に注意が必要です。

水分の多い野菜が増える
生で食べられてみずみずしいもの、水分を多く含み、腐りやすい野菜などがこの時期の旬になります。どうしても手に入りやすい野菜をお弁当に入れることがあるので、腐りやすくなって食中毒を起こすことがあります。

食中毒を防ぐために気を付けること 衛生編
食中毒を防ぐためには、衛生面に気を付けて、調理法や食材にも気を付ける必要があります。ここでは、衛生の面からのコツをまとめました。

手と調理器具はよく洗う
食事を作る前に、手をしっかりと洗うことは基本です。さっと洗うだけでなく、除菌効果のある石鹸を使い、詰めの間やしわ、手の甲、手首まで忘れないように洗いましょう。
また、お弁当箱や調理器具なども良く洗い、できるものであれば熱湯消毒をしておくと完璧です。フライパンなどもしっかり熱して使いましょう。

水分はきっちりと取り除く
洗った手や調理器具、食器、お弁当箱はふきんでお水をしっかりと拭き取りましょう。また、おかずの湯気を閉じ込めることも水分を発生させる原因になります。作った食事はいったん冷まして湯気の発生を抑え、湯気が出なくなってからふたをするようにしましょう。

作り置きのおかずに注意
基本的に、夏場のお弁当には作り置きのおかずを使わないほうがおすすめです。どうしても使う場合は、日持ちをしっかり確かめたうえ、必ず再加熱をしてから詰めるようにしましょう。

お弁当の保存にも注意
保冷バッグの中に保冷剤を入れて持っていくなど、お弁当の保存環境に気を配りましょう。職場などに冷蔵庫があって、使える場合は活用するといいですね。温度には特に気を使って保存しましょう。

食中毒を防ぐために気を付けること 調理編
火をしっかり通す
生野菜で食べられる野菜なども出る季節ですが、お弁当にはなるべく火を通したものを使用するようにしましょう。ハンバーグや唐揚げなどの肉類も、必ず中までしっかりと火を通しているか確認しましょう。

腐りにくい食材を有効活用する
カレー粉、酢、梅干し、しょうがなどには腐敗を抑える効果があります。炊飯器に一合あたり小匙1くらいの酢を入れて炊くと、味も気にならずに、抗菌効果も得られます。ごはんには梅干しを混ぜるのも腐敗を防ぐコツ。香辛料や酢を上手に利用して、献立に取り入れ、腐りにくい品目をそろえましょう。

水分を吸う、固めるなどの工夫をする
おひたしなどの水分は鰹節などに吸わせる、また煮物の煮汁は片栗粉などで固めるなどの工夫をしましょう。水分は大敵になるのでしっかり気をつけておきましょう。

食中毒に気を付けて、アウトドアを楽しもう
せっかくの楽しいイベントに美味しい料理、お腹が痛くなると残念な結果になってしまいますよね。気を付けられるところは気を付けて、楽しくアウトドアライフを楽しみましょう。




2015/06/14 12:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



最新記事

暑い季節は要注意!食中毒を起こさないお弁当のコツ | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -知る-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.