ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
カナダの薬は開けるまでの難易度が高い【カナダ・バンクーバー】

環境が変わると人間調子が狂うもので、日本にいた頃はもちろん、カナダに来てからも季節の変わり目には必ず体調を崩します。毎年冬に一度は体調を崩すので気をつけてはいるんですが、油断したときにすぐやられます。

最近も寝不足と疲れがたまっていたのか、風邪をひいたらしく熱が出て驚きました。たいしたことはなかったので家でおとなしくしていたらすぐ治ったんでよかったものの…。

体調を崩すたびにお世話になるのが解熱剤。生理痛薬と胃薬だけは日本のを使っていますが、頭痛薬や解熱剤はカナダで買ったものを使っています。家で常備しているのは『Tylenol』という市販薬。熱や風邪、頭痛、歯痛に効果があるようです。日中と夜、飲む時間帯で色分けされているのが少し独特。

毎度お世話になってるので効果は確かなんですが、この薬に限らず、カナダの薬はとにかく開けにくい。なんというか、固い。日本のようにプチッとすぐに取り出せないので、右下の矢印をめくって、それから押し出す必要があります。病院で処方されるような容器に入ってるものも開けるのに一工夫いるので、熱でもうろうとしてる時は本当に辛かったです…。




2019/07/14 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

カナダの薬は開けるまでの難易度が高い【カナダ・バンクーバー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.