ワウネタ海外生活
トップアジア台湾
台湾のスコール【台湾・台北】

台湾にはスコールという気象現象があります。昔は、毎日夕方前にスコールという一時的な雷雨がありました。

スコールの平均時間は約30分。長くても一時間です。

そのため、台湾の人々は必ず折りたたみ傘やレインコートをもって出かけます。持たずに歩いているのは観光客くらいです。

土砂降りの雨が降ったあとはそれまで灼熱の暑さだった台湾が嘘のように涼しく快適に過ごせるようになります。

日本にも昔夕立がありましたね。それと同じです。


台湾の人々の強いところはそんな土砂降りのスコールの中でもレインコートを着てバイクで飛ばして走っていたり、自転車で傘を片手運転で走らせているところです。

台湾にとっても、バイクと自転車は重要な足なので大雨が降ろうと関係ないのでしょうね。

日本では最近ほとんど見かけなくなった夕立ですが台湾に行くと、どこか昔の日本を思い出させてくれるような、そんな国です。

みなさんも台湾滞在中は常に折りたたみ傘をもってくださいね!



2019/08/14 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

台湾のスコール【台湾・台北】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -台湾ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.