ワウネタ海外生活
トップ中南米ペルー
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
牛乳も袋販売の不思議な文化【ペルー】

ペルーのスーパーで買い物をするときに驚いたのが袋販売です。
ケッチャップ、マヨネーズ、究極は牛乳まで真空のビニールパックに入って販売されています。

 海外から輸入されてくるものは瓶やプラスチックボトルというケースも多いのですが、ペルー国内で生産をされているものは、ビニール袋に入っていることが多いです。

 このため、問題なのが購入後の処理です。
特に牛乳などの液体物は、一度開封をしてしまうと日本で行っているような冷蔵庫に立てて入れて保管することができないので、別の容器に移し替えて保存をしなければ使いにくいです。ジュース類も同じようなことがいえるので、毎々毎回詰め替えをするのが面倒なこともあります。

 なぜこのようなパックになっているかというとごみの減量のためだそうです。日本でも詰め替え用のパックが販売されていますが、同じような感覚です。保存方法よりもエコ意識の方を強くした商品パッケージになっていることが分かります。




2019/09/08 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

牛乳も袋販売の不思議な文化【ペルー】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ペルーナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.