ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
新しいハロウィーンの花火がスタート【アメリカ】

フロリダ(Florida)のウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World)の人気イベント「ミッキーのノット・ソー・スケアリー・ハロウィーン・パーティー(Mickey's Not So Scary Halloween Party) 」で新しい花火のショーが始まったそうです。

マジックキングダム(Magic Kingdom)で行われるハロウィーンイベントですが、年々イベント開始が早まり、2019年は8月16日~11月1日まで開催されています。


トリックオアトリートのキャンディーをもらったり、キャラクターとのダンスパーティーに参加したりといろいろ楽しめますが、2019年話題なのが新しく始まった花火です。
午後10:15からたった1回しか行われないので、見逃すことのないようにしてください♪

NEW花火ショーの名前は「ディズニー・ノット・ソー・スプーキー・スペクタキュラー(Disney's Not So Spooky Spectacular)」。
このショーのホストを務めるのは映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス(The Nightmare Before Christmas)」に登場するジャック・スケリントン(Jack Skellington)です。
ミッキーマウス(Mickey Mouse)やミニーマウス(Minnie Mouse)たちが不気味な館に迷い込み、踊る骸骨や亡霊たち、邪悪なディズニー・ヴィランズ(Disney Villains)たちに遭遇するストーリーとなっています。


プロジェクションマッピングが素晴らしいのと、それに加えて花火やレーザービームなどもスケールが大きく今までのハロウィーンの花火と全然違うショーになっているそうです。
お見逃しなく♪




2019/09/09 12:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

新しいハロウィーンの花火がスタート【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.