ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
エプコットのリノベーション計画1【アメリカ】

アナハイム(Anaheim)で行われたディズニーのエキスポ「D23 Expo」で発表された、ウォルトディズニーワールド(Walt Disney World)のテーマパークの中の一つであるエプコット(Epcot)の壮大なリノベーション計画についてご紹介します。


まずは、キャラクタースポット(Character Spot)の移動です。
ミッキーマウス(Mickey Mouse)、ミニーマウス(Minnie Mouse)、グーフィー(Goofy)と出会える場所が変わったそうです。


また、映画「ベイマックス(Big Hero 6)」のベイマックスや映画「インサイド・ヘッド(Inside Out)」のヨロコビ(Joy)とカナシミ(Sadness)のキャラクターグリーティングもクローズする予定だそうです。ベイマックスは、以前ハリウッドスタジオ(Disney’s Hollywood Studios)にいましたし、この後リノベーションが終わったらエプコットでなくても再開するといいですね。


エプコットの象徴でもある球体の「スペースシップ・アース(Spaceship Earth)」の裏では「ファウンテン・オブ・ネーションズ(Fountain of Nations)」という噴水があったのですが、そちらもクローズしてしまいました。最大50mくらい水が上がり、音楽に合わせて噴水ショーが繰り広げられていて、結構癒しでもあったので残念です。





2019/09/25 15:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

エプコットのリノベーション計画1【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.