ワウネタ海外生活
トップアジア日本
【全国紅葉の絶景】想いが紅葉を色づかせる、佐賀県の紅葉人気スポット

竜門峡(有田町)

忘れ得ぬ想いが染めるもみじの森 環境芸術の森<唐津市厳木町>

佐賀県ナンバー1、1万本を超えるもみじの数を誇る「環境芸術の森」。作礼山南西斜面に位置する約30haの私有林をキャンパスに描かれた、自然が創り上げた芸術品。1980年12月当時17歳の次男を原因不明の病でなくし、食べ物と環境問題について考え始めた造園士の当主が、「最終的に人間に必要なのは、きれいな空気、それを作り出すのは森である」 「木を植えて、水や空気をきれいにすれば、土も川も海も活力をつけて、私たちを守ってくれるだろう」 という思いが、森づくりへの第一歩になりました。森は私たちに必要なものを惜しみなく与えてくれることを、私たちは忘れたくないものです。

環境芸術の森(かんきょうげいじゅつのもり)

【紅葉時期】例年11月上旬~11月下旬

【住所】〒849-3131 佐賀県唐津市厳木町平之667

【紅葉祭り】特別観覧 2019年11月1日〜11月30日(予定)

※建物内は特別観覧期間以外は要予約

【入場料】大人500円

【公式サイト】環境芸術の森 https://mori-saga.com

神様の婚儀が行われた山を彩る紅葉 大興善寺<三養基郡基山町>

1300年の歴史を刻む福岡・佐賀県境の古刹「大興善寺」は、5万株のツツジが咲く「つつじ寺」として知られますが、晩秋の紅葉も見事。大興善寺契園(ちぎりえん)は、福岡県筑紫野市と佐賀県基山町にまたがる契山(ちぎりやま)ふもと(基山町側)にある山林植物園。山沿いにある広大な敷地には遊歩道が施され、山肌を彩る紅葉を眺めながら散策できます。山頂での神様の婚儀が名前の由来とされる「契山(ちぎりやま)」は、「恋人の聖地」に選定。

大興善寺(だいこうぜんじ)

【紅葉時期】例年11月中旬~12月上旬

【住所】〒841-0203 佐賀県三養基郡基山町大字園部3628

【紅葉祭り】ライトアップ 2019年11月16日(土)、11月17日(日)、11月22日(金)、11月23日(土)、11月24日(日) 17時から20時

【拝観料】大人600円

【公式サイト】大興善寺 https://daikouzenji.com

佐賀県実業家の夢の庭園 九年庵<神埼市神埼町>

電力・鉄道・銀行などの発展に多大な貢献を果たした佐賀県の実業家、伊丹弥太郎氏の別荘と日本庭園。19世紀終盤に「佐賀財閥」と呼ばれた伊丹氏は、明治25年に98坪の別荘を建て、明治33年から約2,000坪という広大な敷地の庭園造りに取り掛かりました。「九年庵」とは、9年かけて作られた庭園に由来する名前です。庭園内にはモミジなど約60種700本の樹木が植えられており、新緑と紅葉の時期のみ一般公開される国の名勝。

九年庵(くねんあん)

【紅葉時期】例年11月上旬~11月下旬

【住所】〒842-0123 佐賀県神埼市神埼町的1696

【紅葉祭り】2019年11月15日(金)〜11月23日(土・祝)9日間

通常は非公開

【入場料】400円

【公式サイト】秋の九年庵 一般公開のご案内 神埼市観光協会 

http://kanzaki.sagan.jp/kanzakiblog/?page_id=7

想いが紅葉を色づかせる、佐賀県の紅葉の絶景。ぜひ、紅葉見物に訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年10月29日現在のものになりますので、実際の紅葉の状況やイベントなど詳細につきましては、各観光協会や施設に直接お問い合わせください。

写真提供:佐賀県観光連盟 




2019/11/06 12:30  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【全国紅葉の絶景】想いが紅葉を色づかせる、佐賀県の紅葉人気スポット | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2015-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.