ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイタリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
アレッツォ近郊、メディチ家の領地であったカスティリオーン・フィオレンティーノに立ち寄る【イタリア】
ルネサンス時代の回廊

ローマからミラノへ車で北上中、大渋滞に巻き込まれました。

イライラを避けるために、高速を降りたのがカスティリオーン・フィオレンティーノ。「フィレンツェの獅子要塞」みたいな意でしょうか。
実際、町のあちこちにはこの土地を治めていたメディチ家の紋章を見ることができます。

町の一角にあったタバコ屋

カスティリオーン・フィオレンティーノは、アレッツォ近郊の町です。
フィレンツェ共和国とボローニャの僭主との間で、この地を巡って抗争が繰り広げられた歴史があるのだそうです。

トスカーナは、イタリア内でも外国人に人気がある観光地です。
それを裏打ちするかのように、こうした小さな町もトスカーナらしいたたずまいと美しい街並みを残しています。

回廊から見えるサン・ジュリアーノ教会

カスティリオーン・フィオレンティーノも、中世の塔、ルネサンス時代の回廊や宮殿が、とても良い状態で残されています。

イタリア人は、いにしえの良きものを現代に生かすのが特異な民族で、カスティリオーン・フィオレンティーノも、中世の塔の周りは市民が憩う緑あふれる公園が広がっているのです。
回廊の美しさも格別で、1513年にヴァザーリによって設計されたという言い伝えがあります。

中世の塔

その回廊の一角には、ルネサンスの高名な彫刻家デッラ・ロッビアの装飾まで!
これだから、トスカーナは侮れないなと思った次第です。




2020/01/09 20:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

アレッツォ近郊、メディチ家の領地であったカスティリオーン・フィオレンティーノに立ち寄る【イタリア】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イタリアナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.