ワウネタ海外生活
トップアジア日本
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
2020年の初詣はどこに行く?人気の神社と新年の行事をご紹介【全国女性101名が回答】

(c) Shutterstock.com

【神奈川】川崎大師

(c) PixHound / Shutterstock.com

厄除け大師として890年もの歴史がある、金剛山金乗院平間寺、通称「川崎大師」。災厄を消除する大師として、関東はもとより全国から信仰を集めています。アンケートでは、「子供の頃から毎年行っているので(52才女性)」「毎年ここに行くのが恒例になっているから。(30才女性)」などの回答があり、恒例行事として参詣する方も多いようです。

除夜の鐘と共に行われる諸願成就祈願

(c) kazuhiro / Shutterstock.com

元旦の0:00から、大本堂で行われる「元朝大護摩供(がんちょうおおごまく)」では、貫首が一山僧侶を従えて上堂、除夜の鐘と共に国家安穏、玉躰安穏、十方信徒の諸願成就が祈願されます。また、一年を通して毎日行われている「護摩祈祷」は、正月期間はスケジュールが変更になり、元旦は15回、1月2~3日は各日11回、4~7日は各日10回執り行われる予定です。

【川崎大師】

住所: 〒210-8521 神奈川県川崎市川崎区大師町4-48

TEL: 044-266-3420

公式サイト: http://www.kawasakidaishi.com/

【大阪】住吉大社

(c) Marco Fine / Shutterstock.com

全国にある2300社の住吉神社の総本社として知られる、大阪の「住吉大社」。国宝に指定される建築様式の四本殿を始め、有名な反橋(太鼓橋)など、多くの文化財や樹齢1000年以上と言われるご神木などがある、由緒ある神社です。アンケート回答者からは、「出店がたくさんでてるから。(40才女性)」「新年のリセットに良い(46才女性)「近場で有名なところだから(28才女性)」などの意見が寄せられました。

福の餅を授かって幸福祈願

(c) Photographer253 / Shutterstock.com

年始には200万人以上の参詣者が訪れる住吉大社。元旦の午前5:00からは、宮司が神井より汲み上げた若水を神様にお供えする「若水の儀」、午前6:00からは国の隆昌と国民の弥栄、五穀豊穣を祈る神事「元旦祭」が執り行われるほか、1月3日8:00からは皇位の元始を祝う「元始祭」、1月4日13:00からは住吉大社の特殊神事「踏歌神事(とうかしんじ)」が予定されています。この神事のあとに行われる「餅撒き行事」には、「福の餅」を授かろうと多くの参詣者で賑わうそうですよ。

【住吉大社】

住所: 〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目 9-89

TEL: 06-6672-0753

公式サイト: http://www.sumiyoshitaisha.net/

【名古屋】熱田神宮

(c) beeboys / Shutterstock.com

熱田大神を主祭神に、相殿神に天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命が祀られる、伊勢神宮に次ぐ格別に尊いお宮として崇敬を集める「熱田神宮」。地元では、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれています。境内には、樹齢1000年以上と言われる老木の大楠が点在、神々しい雰囲気が印象的なお宮です。アンケートの回答では、「家から近い、大きな神社だから(33才女性)」「愛知県を代表する大きな神社だから(41才女性)」「毎年、熱田神宮に行っているので(36才女性)」「適度な規模でちょうど良いので(29才女性)」などのコメントが寄せられました。

深夜から多くの参拝者で賑わう「初えびす」

(c) Nami Uchida / Shutterstock.com

熱田神宮では元旦午前5:00から、本宮と別宮で新年の例事「歳旦祭」が行われるほか、1月3日午前7:00からは皇室・国家の繁栄を祈る祭典「元始祭」が執り行われます。1月5日午前0:00から行われる「初えびす」は、商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈願する祭りで、「えびすの一番札」や「福熊手」を求め、多くの参拝者で賑わいます。

【熱田神宮】

住所: 〒456-8585 名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号

TEL: 052-671-4151

公式サイト: https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

一番多かった回答は・・

今回のアンケート調査の「行く」との回答の中で、一番多かったのが「近所の神社」。初詣には、昨年一年の感謝と新年のご挨拶という意味も込めて、家の近くの氏神さまへご挨拶するという習慣が、まだまだ根付いているようです。

(c) Loyd Kozawa / Shutterstock.com

一方で「行かない」「特に予定していない」という回答も少なくなかった、今回のアンケート調査。混雑を気にする声もありました。お正月休みはゆっくりしたい、という方も多いようですが、人手が落ち着いた頃に散歩がてらに出かけてみて、近くの神社に新年のご挨拶、というのは日本らしい風習ですよね。

【「2020年の初詣に行く予定の神社はどこ?」全国女性に聞きました。】

実施: KIKIMIMI

回答者数: 101名

参照: https://kikimimi3.com/?p=215159&o1=request

[All photos by shutterstock.com]

Please do not use the photos without permission.




2019/12/30 20:22  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

2020年の初詣はどこに行く?人気の神社と新年の行事をご紹介【全国女性101名が回答】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -日本ナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.