ワウネタ海外生活
トップヨーロッパドイツ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【機内食ルポ】選択肢は肉オンリー!「ルフトハンザドイツ航空(羽田発→フランクフルト LH717便)」エコノミークラス 2020年2月

食前酒とおつまみ

ルフトハンザはドイツのエアラインです。ということで、おつまみはもちろん、プレッツェル! カリッとした歯触りのクラッカーです。

ドリンクはビール、スパークリングワインを含むワイン、カクテルにソフトドリンクなど充実の品揃え。今回は塩気のきいたプレッツェルと相性の良い、ジントニックをオーダーしました。

ビーフ or ポーク、選択肢は肉オンリー

昼食のメインは、チキンのピカタまたは豚の生姜焼き丼の2種類から。いずれも肉料理です。今回はチキンが人気だったらしく、豚の生姜焼き丼がサーブされました。

付け合わせは、シャルキュトリー(ハムの盛り合わせ)とポテトサラダ、巻き寿司。デザートはババロアのような食感のプラリネケーキと、マッターホルンをモチーフにしたスイス生まれのチョコレート「トブラローネ」でした。

以前はエコノミークラスでもザ・ペニンシュラ東京の総料理長監督の機内食が楽しめましたが、現在の日本路線は、LSGスカイシェフと日本のケータリング会社考案のメニューに変更となった模様。

軽食も温かい肉料理!?

フランクフルトに到着前の軽食も、なんと温かい肉料理! すき焼き丼でした。機内で配布されるメニューには、サンドイッチなどの「Cold snack(冷たい軽食)」と書かれていたため、クレームをいれるお客さんも・・・。確かに肉料理が二度続くのは、長距離路線とはいえ、胃にもたれます。

2018年にもルフトハンザ航空に搭乗したのですが、そのときも肉オンリーの選択肢でした。その際の「“牛丼仕立ての”ビーフカレー」は忘れられない思い出です。

[All photos by sweetsholic]


Please do not use the images without permission.




2020/02/16 12:35  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【機内食ルポ】選択肢は肉オンリー!「ルフトハンザドイツ航空(羽田発→フランクフルト LH717便)」エコノミークラス 2020年2月 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -ドイツナビ-

Copyright(C) 2014-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.