ワウネタ海外生活
トップ北米カナダ
-20℃に備えろ!トロントでの冬装備【カナダ】

今年は年末まで暖冬だったトロントも年が明けてから一気に気温が下がってきました。オンタリオ湖のすぐ北に位置しているトロントは湖からの寒気で気温が下がることが多く、去年の2月にはマイナス20℃前後の日が続き、中にはマイナス25℃近くまでいった日も…。

こんな気温になってくるとしっかり防寒できるコートが必要です。カナダといえばやはり有名なのがカナダグース!


マイナス40℃近いアラスカでも使えるといわれている最強コートです。1度買えば10年もつといわれているカナダグースですが、値段が高いのが悩ましいところ。

そこで特に学生を中心に人気なのがTNAのコートです。



形や値段もバリエーションがあり、最も暖かい「warmest」か「regular」の2種類でカテゴライズされています。

私も今年はコートを新調しようと思い、冬のセールで幾つか見て買ったのが「Aritzia」というセレクトショップにあったBabatonのコートです。




中は柔らかいフェイクファーでカバーされていてとても暖かいです。表はチャックで閉めた上にマグネットが中に入った布でカバーできるので防風もバッチリ。

建物の中は暖かいので、トロントの人たちは厚手のコートを着る分、中はTシャツなどの薄着をして出かけるのが定番スタイルです。寒がりな私もこのコートが本当に暖かいので、今年は楽に冬を乗り越えられそうです!







2016/03/08 15:00  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

-20℃に備えろ!トロントでの冬装備【カナダ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -カナダナビ-

Copyright(C) 2015-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.