ワウネタ海外生活
トップアジア台湾
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【台湾現地ルポ】茶葉の産地・坪林でランチ!風味豊かな料理に舌鼓「泰源茶荘」

文山包種茶の産地「坪林」へのアクセス方法

坪林へのアクセス方法はいくつかありますが、台北MRT新店駅から923番バスに乗って向かう方法が一般的です。改札を出たあたりにバス停があり、並んで順番を待ちます。もしくは台北MRT大坪林駅から大都會客運の羅東行き9028番バスに乗り、坪林で下車する方法もあります。

豊かな自然やお茶モチーフの街並みに癒される

坪林は文山包種茶の産地として知られていることから、街灯や手すりがお茶モチーフになっていたり、大きなお茶のオブジェがあったりと散策が楽しいです。自然も豊かでリフレッシュにぴったり。

ランチは「泰源茶荘」でお茶料理を

今回、坪林でのランチで訪れたお店がこちら「泰源茶荘」で、食事ができるお茶屋さんです。

平日ランチで訪れましたが、人気店のようで席はほぼ埋まっていました。

席に着いたら、まずメニュー兼注文票に記入します。ご飯類、麺類、スープ類、お肉類や野菜類など、メニュー数は豊富です。茶油を使用した料理もたくさんあります。今回は2人で茶油炒飯(茶油チャーハン)、滷高山桂竹筍(茹で竹の子)、炒青菜(野菜炒め)、炸坪林豆腐(揚げ豆腐)を注文しました。

炒青菜(野菜炒め)は、入り口近くにある野菜から好きなものを指さしで選べばお店の方が調理してくれます。

文山包種茶の無料サービスがうれしい

こちらのお店で食事をすると、文山包種茶をサービスでいただくことができます。香りがよく、食事の味が引き立ちます。

お茶料理や台湾料理を堪能

しばらくすると、料理が次々と運ばれてきます。どの料理もとってもおいしそう!

まずこちらが「茶油炒飯(茶油チャーハン)」です。お茶の油が使われているからなのか、しつこさを感じずパラパラしています。結構量が多いため、2人でシェアしてちょうどよい量でした。

こちらは「滷高山桂竹筍(茹で竹の子)」です。桂竹筍と呼ばれる台湾の竹の子は、やわらかくて本当においしいのです。筆者は台湾に来てから、すっかりこの竹の子のファンになっています。優しい味わいです。

こちらは「炒青菜(野菜炒め)」です。野菜は指さしで選んだため、これが何の野菜かはわからなかったのですが、細切りニンジンやショウガ、そしてニンニクをたっぷり入れて調理してくれました。野菜とニンニクでパワーが湧いてきそうです。

そして、こちらが「炸坪林豆腐(揚げ豆腐)」です。実は坪林はお茶だけでなく豆腐も有名で、甘くておいしいお豆腐をいただくことができます。この揚げ豆腐は熱々ふわふわで、上にかかったパクチーやタレとの相性も抜群で絶品でした。お肉類は注文しませんでしたが、これだけ食べて合計310元(約1,120円)ならお手頃価格だなと感じます。

お茶の産地「坪林」は、都会の喧騒から離れて自然豊かな環境でリフレッシュしたい方にぴったりの観光地です。ランチを楽しみつつ、坪林茶葉博物館などを見学するのも定番の観光コースです。台北からアクセスする場合は少し時間がかかりますが、台湾旅行リピーターの方にぜひおすすめしたい観光地です。

泰源茶荘

住所:新北市坪林區北宜路八段207號

定休日:木曜日

注意:台湾では新型コロナウイルス対策のため、執筆時(2020年3月29日)現在、すべての外国人観光客の入国が不可能となっています。台湾旅行を計画される際は最新の情報を入手することをお勧めいたします。

[All photos by Yui Imai]

Do not use images without permission.




2020/04/04 12:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【台湾現地ルポ】茶葉の産地・坪林でランチ!風味豊かな料理に舌鼓「泰源茶荘」 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -台湾ナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.