ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
食べ歩きとは少し違う一歩先の旅:旅行中に街の歴史を知りたくなったら?ニューヨーク歴史協会へ【博物館】

(c) Kasumi Abe

歴史を学ぶ、今までとは少し違う旅を

歴史を少し知りたいと思ったら、オススメのスポットがあります。ニューヨーク歴史協会は今から200年以上前の1804年、ニューヨーク初の博物館として設立されました。創設者11人は、独立戦争の過酷な時代を生き抜き、後世の人々にその激動の歴史を伝え続けたいという思いで、ここをオープンしたといいます。

アメリカでの女性の権利の歴史「ウーマンマーチ」

1984年の大統領選で女性で初めて副大統領候補に指名された、ジェラルディン・フェラーロさん。(c) Kasumi Abe

アメリカでは2020年、大統領選挙の特別の年ですが、昔から女性にも投票権があったわけではありません。この国で公式に、女性に投票権が与えられたのは100年前です。1920年8月18日に承認された第19条改正で女性に投票権が付与されました(ちなみに日本で女性に投票権が与えられたのは1945年です)。

これを記念し、ニューヨーク歴史協会の4階では2020年2月28日から、女性の権利の歴史を保存、展示した「ウーマンマーチ」展が開催されていました(2020年8月30日まで開催予定でしたが、新型コロナウイルス危機によるニューヨーク州内施設のロックダウンのため、4月5日現在休館中)。

参政権を女性が獲得するまでには、女性活動家によるさまざまな主張や闘争が起こりました。女性の権利を主張する 「ウーマンマーチ」は今から200年前に始まったとされています。

ウーマンマーチで使われてきたさまざまなプラカード(c) Kasumi Abe

展示を見ることはできませんが、アフリカ系アメリカ人の女性改革者、ライター、教師、論者のフランシス・エレン・ワトキンズ・ハーパー(Frances Ellen Watkins Harper)さんが1866年、ニューヨークで行われた「第11回全国女性権利条約」の議長を務めた時のことを、女優のAriana DeBoseさんが演じている映像はサイトで観ることができます。

ティファニーのランプの展示も見逃せない

館内にはティファニーランプの展示も(c) Kasumi Abe

同じ4階には、100以上の宝石のように美しいガラス細工が施された、世界最大規模のティファニーランプの展示もあり、ティファニーファンはぜひこちらもチェックしてみてください。

館内にはギフトショップもあり、各種トートバッグ(14ドル95セント)や、ティファニーのガラス細工がモチーフのスカーフ(58ドル)やブックマーク( 11ドル95セント)、コースター(24ドル)などが買い求めやすくて人気。お土産にもおすすめです。

New-York Historical Society(ニューヨーク歴史ソサエティー)

住所: 170 Central Park West, New York, NY 10024, U.S.A.

電話:(212) 873-3400

営業時間は季節によって変わりやすいので、ウェブサイトで確認のこと。

HP: https://www.nyhistory.org/visit/plan/accessibility

[All photos by Kasumi Abe]

All images and text are copyrighted.




2020/04/05 16:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

食べ歩きとは少し違う一歩先の旅:旅行中に街の歴史を知りたくなったら?ニューヨーク歴史協会へ【博物館】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.