ワウネタ海外生活
トップオセアニアオーストラリア
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【新型コロナウイルス続報】オーストラリア、ロックダウン開始で外出すると罰金も(2020年4月10日更新)

続々と閉鎖されていく施設

現在(4月9日時点)、レストランやカフェはテイクアウトと宅配のみ可能、カジノ・バー・ナイトクラブ・映画館などの娯楽施設や、ジムなどスポーツ施設は営業禁止。ショッピングセンター自体は開いてますが、ほとんどの店が閉まっている状態。スーパー・薬局・郵便局・銀行・ガソリンスタンドは引き続き営業中です。

ロックダウン(都市封鎖)ルール

ウイルスの拡散を抑えるため、人との距離をとる「ソーシャルディスタンシング(社会的距離)」戦略が取られているオーストラリア。筆者の住むクイーンズランド州でも、細かなルールが決められています。まず大前提として、外出は「絶対に必要不可欠な場合のみ」。食料・生活必需品の購入、通勤・通学、運動、医療機関への通院、介護、チャイルドケアへの送り迎え、法的義務のためなどは許されますが、それ以外は外出禁止です。

街からは人の姿が消え、静けさに満ちたその光景はまさにデッドシティ。まるで映画のワンシーンを見ているかのようです。多くの人々が日常生活の大半を自宅で過ごすことになり、インターネットが繋がらないこともしばしば。

公共の場では「人との距離を1.5m以上とる」こと。スーパーの床には1.5m間隔で印がつけられるほか、セルフレジマシーンを一台おきに使用中止にするなど、隣客との距離が取れるようになっています。また「家族・同居人以外と外で会う際は、自分を含め2人まで」といったルールも。さらに葬式は10人まで、結婚式は5人までと人数制限が設けられました。

これらの規制に違反した際、個人に対しては最高1万3,345ドル(約90万円)、企業には最高6万6,672ドル(450万円)の罰金を科す権限が警察に与えられています。罰金や細かな規制に多少違いはあれど、他州でも同様の対応がなされているようです。国内で最も被害の大きいシドニーのあるニューサウスウェールズ州では、6カ月間の禁固刑が課せられる場合も。

「外出しない」が世界を救う

こういった政府の取り組みにより、オーストラリア内では危機感がだいぶ高まっているように思います。とはいえ、それでも新型コロナウイルス関連で罰金を課せられた人々が、一週間足らずで139名にも及んだとクイーンズランド州警察は伝えています。確かに先の見えない中での隔離生活は、ストレスもたまりますし気分も沈みがち。息抜きに出かけたくなる気持ちもわからなくはありません。しかし今、元気な私たちにできることは「外出しない」こと。それが自分だけでなく他人も守ることなのです。この危機を一緒に乗り越えましょう。

[参照]

Social distancing for coronavirus (COVID-19)

Australia's coronavirus social distancing rules explained: state by state guidelines

Coronavirus Australia: People fined for 'blatantly going for a drive' as police crack down

[All photos by Shutterstock.com]

Please do not use the photos without permission.




2020/04/10 07:30  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【新型コロナウイルス続報】オーストラリア、ロックダウン開始で外出すると罰金も(2020年4月10日更新) | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -オーストラリアナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.