ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
テクノロジーが生み出した無人ショップ「Amazon Go」で初めての買い物【アメリカ】

「Amazon Go」はシアトル(Amazonの本拠地)で第1号店がオープンし、現在はシアトル、シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークで26店舗展開されています。

レジのない無人ストアということでYouTubeで観てからずっと行ってみたいと思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず行けてませんでした。
しかし、ついに今年に入り仕事場の近くにが新しい店舗がオープンしました。

これはもう行くしかないと思い、すぐさま専用のアプリ「Amazon Go」をダウンロードしました。Amazonのアカウントさえ持っていれば、専用アプリダウンロード後簡単にアカウントを紐づけることができます。(Amazonプライム会員になる必要はありません)

入口は駅の改札のような作りで、専用アプリのQRコードを読み込ませると扉が開きます。

後は欲しい商品を手に取り外に出るだけです。
え!?本当に大丈夫だよね!?と非常に不思議な感覚に陥ります。
でもきちんと後から登録してあるメールアドレスにレシートが送られて来て、決済済みになっているのをみて安心しました。


私の職場の近くの店舗はコンビニのような感じで、お菓子や飲み物、お弁当、ちょっとした日用品が置いてありました。


お気に入りのヨーグルト「Chobani」が通常$2.00(約220円)以上なのに、なんと$0.99(約108円)だったので、大量に買い占めちゃいました。種類も豊富でマンゴーやパイナップル、ピーチ等ありました。10年以上こちらに住んでいる職場の人も「そんな種類あったの!?」と驚いていました。

常連になりそうですな予感です。




2020/05/21 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

テクノロジーが生み出した無人ショップ「Amazon Go」で初めての買い物【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.