ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
【新型コロナウイルス続報:4月18日更新】NYおこもり生活5週間、ニューヨーカーは自宅で何してる?

(c)shutterstock.com

ニューヨークでは外出できるの?

ニューヨークでは、2020年3月16日(月)に公立学校を閉鎖、エッセンシャル・ビジネス(生命線に関わる、必要不可欠な業種)以外は、自宅勤務せよとの行政命令が出ました。この日から、ほとんどのニューヨーカーが外出禁止になり、おこもり生活も5週間になろうとしています。

ニューヨークは行政命令で「外出禁止令」が出ているため、外出が許されるのは、

エッセンシャル・ビジネス(生命線に関わる、必要不可欠な業種)の通勤・業務

スーパーマーケットやデリへの食品や消耗品の買い物

犬の散歩など

必要不可欠な用事(通院、郵便局や銀行へ行くなど)

とされており、町中はパトカーやシェリフ(保安官)カーが巡回中。周囲と6フィート(約1.8m)以上の距離を置くsocial distancing(ソーシャル・ディスタンシング)を実施し、規模を問わず、集団行動やスポーツは不可となっています。守らない違反者には1,000ドルの罰金です。

当初は身体をほぐすためのウォーキングやジョギングは許されていたのですが、公園は閉鎖、連日TVやインターネットから「Stay at home(おウチにいましょう)」と説得され、日に日に外出しにくくなりました。当初見かけたジョギングしている人も、最近はほぼ見かけなくなりました。人数に関わらず、誰かを訪問したり、会合を持つことも許されていません。スーパーマーケットに買い出しに行くのは5日に1回ほどですが、開いている店が少なくなったため、入店待ちの列は長くなり、最低30分〜1時間は店外で待たされます。

さて、ニューヨーカーは自宅で何してる?

新型コロナウイルス感染拡大のダメージで人生が一変し、不安を抱えているのは全世界的に一緒。そんな中、ニューヨーカーは自宅でいったい何をしているのでしょうか。

・食べる

・今までのハードな生活で寝られなかった分ひたすら寝る

・YouTubeで動画三昧

・Netflixなどストリーミング配信で映画を山ほど見る

話を聞いてみると上記が多かったです。全世界的に同じかもしれませんね。

上記以外はどうでしょうか。

記者会見を毎日見る

https://youtu.be/rfUGjwPk3zk

クオモNY州知事の記者会見(2020年4月8日) Flags to Be Flown at Half-mast in Honor of Those We Have Lost to COVID-19/NYGovCuomo

毎日欠かさずしていることの一つは、土日も含め連日行われるトランプ大統領、NY州知事、NY市長の記者会見を見ること。圧倒的人気は、リーダーシップを発揮しているクオモNY州知事で、ニューヨークのみならず、他州からも支持が高いです。

クオモNY州知事は、父親に続き親子2代の州知事で、政治家の経験値も高いのだと思いますが、抜群のリーダーシップ。連日の記者会見はほぼ原稿を眺めることもなく、説得力を持って、事実やデータを語ります。そして、時に私たちを励まし、時に私たちを叱り、時に自分の弱みを見せ、「NYのお父さん」さながら。今日は彼が何を言うのかと、皆が期待しています。

よく考えられた名スピーチが多く、2020年4月8日のスピーチは歴史に残る名言。ハッとして、気持ちを改めたものです。拙い意訳ながら、訳してみました。

When will we return to normal? I don't think we return to normal. I don't think we return to yesterday, where we were. I think if we're smart, we achieve a new normal.

いつ、日常に戻れるかって?

もう、今までの日常に戻れるとは思わないよ。

同じ昨日には、戻れないだろう。

私たちが現状から学んで、これから新しい日常を生み出すんだ。

意訳:青山沙羅 2020年4月8日 クオモNY州知事のスピーチから

Flags to be Flown at Half-Mast in Honor of Those We Have Lost to COVID-19-New York State

https://www.governor.ny.gov/news/video-audio-photos-rush-transcript-amid-ongoing-covid-19-pandemic-governor-cuomo-directs-flags

かつてなくニュースを連日見ているので、個人的にはリスニングのスキルアップも期待したいところですが、どうでしょうか。

ペットをアダプト

(c)shutterstock.com

子どもの学校が閉校になっていることもあり、自宅での遊び相手や友人が欲しくなったニューヨーカー。シェルター(保護施設)へ、犬や猫のアダプト(里親)の申し込みが殺到。

ただし、現在ほとんどのシェルターは感染を防ぐため、オンラインで予約制です。

■ 参照記事

NY Animal Shelters See a Spike in Fostering, Adoptions Amid COVID-19 Outbreak-NBC New York

https://www.nbcnewyork.com/on-air/community-top-stories/clear-the-shelters/ny-animal-fostering-adoptions-on-the-rise-amid-covid-19-outbreak/2367672/

友人とテキストやLINE

(c)shutterstock.com

「どうしてる?」「変わりない?」と友人や知人へ、テキストやLINEでメッセージを送ります。皆暇なので、始まるとキリがなく、何人か複数名とやりとりしていることも。非常事態でもあり、元気にしているか確認すると安心します。

おウチでミニエステ

(c)shutterstock.com

外出をしないので、女性はノーメイクの人が多数。知人はフェイスパックでミニエステをして、美しさに磨きをかけている様子。筆者ももらったものが溜まっているので、やろうかなと思います。おこもり生活から解放された時には、見違えるような美人に?

マニキュアをマメに塗る

(c)shutterstock.com

筆者の場合、仕事上マニキュアができなかったので、現在はマニキュアを楽しんでいます。手先が綺麗になると、気持ちが上がりますね。

とりあえず洗濯・掃除

(c)shutterstock.com

ランドロマット(コインランドリー)が閉鎖してしまったので、洗濯物は自宅で手洗い。すすぎの水が黒くなり、洗濯機でいかに汚れが落ちていなかったかを知って愕然とします。大変だけど、たまには手洗いも必要かも?

自宅に長くいるのと除菌のため、掃除。特に、ドアノブ、テーブルやキッチンの手の触れる部分、トイレなどは念入りに。

歴史の瞬間を残す

(c)shutterstock.com

新型コロナウイルスの感染拡大は、未曾有の緊急事態で、現代に生きる私たちの誰もが未経験の状況。つらい日々ですが、私たちは歴史の真っ只中にいます。自分に何ができるだろうと考えて、あとで振り返られるように、筆者は毎日文章に残すことにしました。

絵画を描いても、イラストにしても、曲を作っても、ダンスにしても、自分のできる(好きな)ことで、歴史の瞬間を残すのも意味があるのではないかと思います。毎日続けてルーティンにすると、生活も規則的になる気がします。

起業について考える

(c)shutterstock.com

多くのニューヨーカーが失業し、仕事に戻れるかわからない状況。今の状況でなければできない起業についても考えています。隙間産業とか。まだ具体的なアイディアは出てないですが、閃きを待っています。

腹筋・スクワットの新記録にトライ

(c)shutterstock.com

筆者は腹筋・スクワットの新記録にトライし、今のところ各100回が最高。もうちょっと努力しないといけませんね。一気にやるとハードルが高いので、20回ずつ分けて、思いついた時にやると良いと思います。

外出ができないので、自宅でエクササイズすることになりますが、集合住宅にお住まいの方は、下記に注意しましょう。

●音楽のボリュームを上げすぎないように注意

●エアロビクス、ジョギングなど階下に振動が響くエクササイズ

●音や振動がするエクササイズ器具の使用

皆が神経質になっている時なので、自分のことだけ考えるとトラブルのもとになります。アパートやマンションは、スポーツジムではありません。筆者のように集合住宅にお住まいの方は、静かにベッドの上でできる腹筋や、どこでもできるスクワット、ヨガなどがオススメ。

家族とたくさん話す

(c)shutterstock.com

家族と住んでいる場合、じっくり語り合うチャンスです。筆者の場合、家族は夫になりますが、親友でもあり話の種は尽きません。日本のある家族は自宅勤務になり、お子さん2人を含めた4人で、3月頭から毎日ずっと一緒。家族間でギスギスしたり喧嘩したりすることなく、毎晩のようにボードゲームを楽しみながら、平和に過ごされているそうです。非常事態に支え合える家族がいるのは心強いもの。こんな時ですから、いつも感じている感謝も改めて口にします。筆者の場合、夫の忍耐力、優しさ、包容力に御礼を言いました。

しかしながらアメリカでは、おこもり生活で家庭内暴力や離婚が激増しているらしいです。

おこもり生活ができない最前線のワーカーへ、ニューヨーカーが伝える「ありがとう」

[Photos by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.

おこもり生活はつらいですが、エッセンシャル・ビジネスに従事している人たちは、新型コロナウイルスと闘い、命がけで働いてくれています。最前線で働いてくれる人々に敬意と感謝をこめて、おこもり生活のニューヨーカーは、1日の終わりに拍手を送ります。

https://youtu.be/VCBK1DSpPiA

News 4 New York: "Applause"/NBC New York




2020/04/17 17:11  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

【新型コロナウイルス続報:4月18日更新】NYおこもり生活5週間、ニューヨーカーは自宅で何してる? | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.