ワウネタ海外生活
トップ北米アメリカ
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
寮生活オリエンテーション3~1年目~【アメリカ】

フロリダ(Florida)のオーランド(Orlando)の「ザ・コモンズ(The Commons)」での寮生活においてのオリエンテーションのことをお話しします。
今回は、ソーシャルセキュリティーナンバー(Social Security Number)についてお話しします。

ソーシャルセキュリティーナンバーは、略称SSNとされたアメリカ合衆国の社会保障番号です。
アメリカで就労する上で必ず必要なもので、9桁の数字で割り当てられます。こ
のナンバーはかなり重要で、これがないと銀行口座も開設できませんし、クレジットカードなども作成できません。
また、タックスリターン(確定申告)の際も必要です。

寮に到着してから2週間くらい経った時に、必要な書類をすべて持ってソーシャルセキュリティーナンバーの申請に行きました。
何が必要かなどは手助けしてもらえたのでかなり助かりました。


プログラム参加者の団体で行ったのですが、バスの集合時間が朝6時と激早でした(笑)
同僚の中では、起きることができず、集合時間に間に合わなくて後日申請になった人もいましたし、バスの中で爆睡している人もちらほら見受けられました。

ソーシャルセキュリティーオフィスでは、順番に窓口に呼ばれ書類を提出し、簡単な面接もありましたが、申請は無料でスムーズに取得することができました。
これで一通りの手続きは完了しました。



2020/07/16 19:10  Copyrights(C)wowneta.jp

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

寮生活オリエンテーション3~1年目~【アメリカ】 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -アメリカナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.