ワウネタ海外生活
トップヨーロッパイギリス
  • 各国基本情報
  • カナダ基本情報
  • アメリカ・ロサンゼルス基本情報
  • ブラジル基本情報
  • 韓国基本情報
  • 台湾基本情報
  • ベトナム基本情報
  • カンボジア基本情報
  • インド基本情報
  • ニュージーランド基本情報
  • スペイン基本情報
  • フランス基本情報
  • イギリス基本情報
  • アラブ首長国連邦(UAE)基本情報
知らないと損をする英会話術(21):海外では避けられない“How was your weekend?”の答え方

1週間は週末を中心に回っている!?

(C)Anastasiia Gevko/ Shutterstock.com

海外の学校、ビジネスシーン、またはご近所との世間話といろいろな場面で、週明けの月曜日、そして火曜日には“How was your weekend?”(週末はどうだった?)と聞かれることが多くあります。そして、木曜日、金曜日になると“What is your plan for the weekend? Do you have any plan for the weekend?”(週末の予定は?)と今度は質問こそ変わるものの、やはり週末のことが話題に!

筆者もイギリスに住み始めたころ「なぜ、みんなそこまで週末に興味があるのか?」と困惑し、これといって何もしないで家でのんびりする週末ばかりが続いていたので、何か気の利いた返事の仕方があれば・・・と思ったものでした。

今回は海外では避けられない“How was your weekend?”(週末はどうだった?)のスマートな答え方と会話をより楽しむためのヒントを解説します!

“How was your weekend?”の本当の意味とは?

(C)Laura Beach/ Shutterstock.com

まず“How was your weekend?”という質問自体の意義とは?

実は、相手はあなたの週末自体にさほど興味があるわけではなく「(1分から数分の)世間話をしましょう!ちょっとお話しましょう!」という意思表示をしています。

そのため、おすすめしたい答え方としては、簡潔にわかりやすく、そして世間話として膨らむ要素を含ませることが最大のポイントです。あくまで当たり障りのない世間話の一環なので、おもしろおかしく落ちをつけたり、自虐ネタのように膨らませることは必要ありません。

簡潔でおすすめな返事の仕方

では、“How was your weekend?”(週末どうだった?)と聞かれたときの具体的な返事の仕方をご紹介します。

It was great, thank you.

It was a good one, thanks.

(よかったですよ。聞いてくれてありがとう。)

とひとまず簡潔に言いましょう。もちろん、“great”、“good”のかわりに“OK”(まあまあ)、“terrible”(最悪)などと置き換えてもいいのですが、とりたてて変わったことがない普通の週末の場合は、“good” あたりを使うと会話も進みやすくおすすめです。そして、このあと「誰とどこで何をした」という情報を簡潔に伝えるとよいでしょう。

例)I went shopping in London to buy shoes for my new dress.

(新しいドレスに合う靴を買いに、ロンドンにショッピングに行きました。)

そして、ここからが大切!その次に何かひとつ会話が膨らむ情報を含ませることがポイントです。

例)They are for my sister’s wedding next weekend.

(来週末にある妹の結婚式に必要で。)

このように「妹の結婚式が近々ある」という情報を伝えることで相手も

Oh, how wonderful! Where about?(あら、素敵!どこで?)

と話を膨らませることができるので、世間話がスムーズに続きます。

何もせずのんびり週末を過ごした場合の答え方

(C)kitzcorner/ Shutterstock.com

家でのんびりしていた、特に何もしなかったというような週末も多くあるでしょう。そんな場合も無理に作り話をしたりすることなく、以下のように答えることができます。

例)I didn’t do much. (特に何もしなかった。)

It was a quiet one.(静かな週末だったよ。)

Nothing special.(とりたてて特別なことはなかった。)

ただし、同僚や同級生といった同じ相手に同じ返事を毎週繰り返すわけにはいかなくなるので、ご自身の心に残った些細なこと(ネットやテレビで見た情報、天気のことなど)を一つ話題にするのがキーポイントです。

例)But I saw on the news that the new James Bond film is out now so I might go to watch it next weekend. (でも、新しいジェームスボンドの映画が始まったとニュースで見たから、来週末に見に行くかも。)

こうすることで、相手に映画の話題や来週末の話題へと話を広げるきっかけになります。

週の後半に多い“What is your plan for this weekend?”

(C)K.Decor/ Shutterstock.com

月曜日と火曜日には週末に何をしたかをさんざん話題にしたはずなのに、週の後半になると今度は“What is your plan for this weekend?”(週末の予定は?)という質問をよく聞かれるようになります。この質問に関しては未来のことなので、やってみようかな?と思っている程度のことでも自由に答えるとよいでしょう。

例)I am going back home to see my mother for her birthday. (母親の誕生日だから実家に帰るつもり。)

この質問も同様に「まだ決めていない」「予定なし」と答えることも可能ですが、毎回続くとやはり気まずいので、何か世間話を膨らませる要素を含ませることが大切です。

例)Nothing special, but I might try out new ramen shop near me.(特に特別なことは予定してないけど、新しくできた近所のラーメン屋をチェックしてみようかと思ってる。)

あなたの週末はどうだった?と聞き返すのも忘れずに

(C)RossHelen/ Shutterstock.com

“How was your weekend?”と聞かれた場合、会話の後半には必ず“How about you? How was yours?”(あなたの週末はどうだった?)と相手の週末に関して、興味があってもなくても聞き返すのがマナー。

海外では避けられない“How was your weekend?”には、簡潔に答える、会話が膨らむように些細な情報をひとつ含ませる、そして“How about you?”と相手への質問返しを忘れないことで、スムーズに世間話が楽しめます!

[All Photos by Shutterstock.com]




2020/05/10 12:00  Copyright (C) 2019 TABIZINE All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事

知らないと損をする英会話術(21):海外では避けられない“How was your weekend?”の答え方 | 海外旅行・海外体験のワウネタ海外生活 -イギリスナビ-

Copyright(C) 2015-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.